Pricing
Sign Up
  • 1. イントロダクション
  • 2.超音波ガイド下マーキング、両側TAPブロック、および右直腸ブロック
  • 3.左レトロレクタススペースへのアクセスとポートの配置
  • 4.ロボットドッキング
  • 5. 同側(左)後直腸腔解剖とリネアアルバの同定
  • 6.後直筋鞘から腹膜前腔に入り、腹膜前脂肪とヘルニア嚢を降ろします
  • 7.対側(右)レトロレクタス空間解剖
  • 8. 解剖の概要
  • 9.筋膜閉鎖
  • 10.メッシュの準備
  • 11. メッシュの配置
  • 12. 閉鎖
  • 13. 術後の備考
cover-image
jkl keys enabled
Keyboard Shortcuts:
J - Slow down playback
K - Pause
L - Accelerate playback

腹側ヘルニアに対するロボット式eTEP後直腸裂-ストップパ修復

16247 views

Rockson C. Liu, MD, FACS
Alta Bates Summit Medical Center