Pricing
Sign Up
  • 1.ポータルの配置
  • 2.唇の修復
cover-image
jkl keys enabled
Keyboard Shortcuts:
J - Slow down playback
K - Pause
L - Accelerate playback

寛骨臼骨形成術と唇修復を伴う股関節鏡検査

37356 views

Scott D. Martin, MD
Brigham and Women's Hospital

Procedure Outline

  1. 患者は手術室に連れて行かれ、手術台の上に仰臥位で配置されます。
  2. 患者は気管内チューブ挿管で全身麻酔下に置かれます。
  1. 次に、患者はシリコンパッド入りの会陰ポストにフォームブーツを履いて配置され、牽引力が置かれます。
  2. 正の真空サインが示され、その後トラクションが放たれます。
  3. その後、患者は無菌技術を使用して通常の滅菌方法でドレープされ、準備されます。
  1. 前外側門脈は、ゲージカニューレ針を備えた透視ガイダンスを使用して確立され、関節は膨らんでいます。
  2. 次に、5-0の栓塞子とカニューレが配置されます。
  3. 前門部は、次に直接関節鏡観察下で確立される。
  4. これに続いて、中央前部ポータルとディエンストポータルが続きます。
  5. 診断関節鏡検査は、唇、靭帯テレス、歯髄、大腿骨頭などの周囲の構造を評価するために行われます。
  1. 次に、寛骨臼の縁は、透視ガイダンスを使用して凹型になり、横方向に開始し、裏側の#4-0ラウンドアブレーダーを使用して、約12時位置から3時位置まで内側に機能します。
  2. 唇の修復は、横靭帯を視覚化し、緩んだ体の下くぼみと寛骨臼のノッチをきれいにすることによって行われます。
  3. 次に、アクセサリーの中央前部ポータルとディエンストポータルを使用して、スミスアンドネフューナイフラスプを導入し、カプセルをカプセルを上嚢口接合部から約5〜8 mm上に持ち上げ、寛骨臼のつばまで切断します。
  4. 次に、アンカーに2.3個の骨関節スミスアンカーとネフューアンカーを配置します。
  5. 縫合糸は、垂直マットレス縫合糸を使用して唇を通って往復され、各アンカーと縫合糸は、直接観察とともに直接透視ガイダンスの下で同じように渡されます。
  6. 結び目は、垂直マットレスを使用して、複数のハーフヒッチを備えた修正されたウェストンを使用して、莢膜のくぼみ側で結ばれます。
  7. 縫合糸はワイヤー縫合糸シャトルリレーを使用してシャトルされ、アンカーは#2 FiberWire縫合糸を装填した複合2.3骨関節アンカーであり、再び結び目は莢膜のくぼみ側に保たれました。
  8. さらに、唇は、唇をエバートしないように、また唇を新しく凹んだ寛骨臼の縁に再構成するために、トラクションを外すと張力をかけられます。
  9. 次に、組織はプロービングによって修復の安定性についてテストされます。
  10. 股関節は、安定性を評価するために可動域を通過します。
  1. その後、トラクションが放たれます。
  2. 器具を取り外し、スコープを周辺コンパートメントに配置します。
  3. 内側および外側の溝は、緩い体の存在について評価されます。
  4. 内側および外側の滑膜襞は病変について評価される。
  5. 輪輪帯は病変について評価されます。
  6. 被膜反射は、大腿骨頸部からの分離について評価されます。
  7. スコープと機器が削除されます。
  8. ポータルは、中断されたステッチを備えた3-0ナイロン縫合糸を使用して閉じられ、次にOp-Siteドレッシングとともに滅菌ガーゼとともにAdapticで覆われます。
  9. 患者は目を覚まし、抜管され、回復室のベッドに移され、術後に外科的合併症がないかチェックされます。